yosshi44気ままなブログ 
yosshi44気ままなブログ 忍者ブログ yosshi44気ままなブログ

yosshi44気ままなブログ

yosshi44の日々の暮らしにまつわる出来事をお届けします。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[10/25 Paseapora]
[10/25 Paseapora]

06.20.16:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/20/16:37

01.02.02:13

人間はいずれ、滅びます・・・

賀正
 
昨年は元、妻の兄の通夜に出掛け喪中ですので、
おめでとうは控えさせて頂きます。
 
1月1日は今年も一人で過ごしましたが、朝までは
田原総一郎さんの朝まで生テレビをみていました。
 
途中まではEXILやAKB48やキャリーパミュパミュ・西野カナなどの
歌と踊りを見てはいましたけど、年のせいか・・・
 
番組を変えてしましましたが、話題は中国・韓国・アメリカを
主体に日本の現実問題と、これからの課題や目標と言った
 
方向性で各分野の何時ものメンツであ~だのこ~だの意見
や主義主張を話し合ういつものパターンでしたが、やはり
何だろうか?
 
朝まで生テレビで靖国参拝問題や尖閣・竹島問題など様々な
方向性と今後の課題に対する論争が有りましたが、・・・
 
元旦早々に国家レベル次元の論争で言い合う姿は、正直に
一年の計は元旦に有りならば、見ない方が良かったかも知れない
 
ただ、yosshiは既に56歳となり、音楽性でのEXILやAKB48も良いの
だけど、それほど若くないので、やはり朝まで生テレビと考えて、
見た訳ですですけど、見ていると、何となくムカつくし、情けないし、
 
yosshi自身は先日も書いた記事で、靖国参拝は賛成派です。
 
ただ、これは個人的な考えですので、日記としての書き込みの
範囲内ですので、反対派とのやり取りまでは想定には有りません。
 
お正月の雰囲気からすると・・・他の番組が無い地方の田舎
では、見る番組数が限られているので、ゆとりの有るケーブル各社
等を介した番組が見られる方々は別として、田舎は寂しい感覚です。
 
ただね、考えてみると・・着る物や食べる物、装飾品から消耗品まで
あらゆる物流を中国や韓国を経由しなければ物作りが出来ない事実と
 
日本の技術が無ければ、韓国や中国の製造工場も成り立たないし、
ましてや日本も製造原価で成り立たない事が理解されている訳です。
 
それで世界中の大半がそんな流通の恩恵を受けて、前者の国々の
製品が世界中に出回っていて、それで恩恵を受けて相乗効果で経済
発展をしていて、世界に恥じない、そんな関係なのに・・・なぜ?
 
領土・従軍慰安婦・航空識別権、いつまでこの問題を続けるのだろう
と言うより、領土では竹島は韓国が実行支配しているし、北方領土は
 
ロシアで、問題の尖閣は住める場所では無く、強いて言えば漁業権と
深海資源と防衛問題、いずれにしても各国が自国の我侭な主張を強く
 
言っていては、世界的な平和など、有り得る筈も無い訳です。
 
国際紛争を提議する前に、国際司法裁判所に提訴をお互いの国が
主張を行い、そこで何十年も何万年も何千億年も言い続ければ良い。
 
そして、45億年以上が過ぎた頃には、地球そのものが温暖化と太陽は
膨張を続け、そして寿命を迎えます。
また、それ以前に地球の内部のマントルの寿命も終わる・・・
 
人間はいずれ、滅びます、小さな事でワイワイガヤガヤやっている先に
火星や木星を地球化なり、次の一手を科学者や世界の政府が力を
合わせて共同作業をやらなければ、守れる地球さえ、守れなくなり
 
そして地球は宇宙の藻屑となって消えて行く、それは現実で宿命です。
 
己が国の小回り的な見識しか持たない指導者が、地球規模で問題を
見据える方向性を持たなければ、世界平和も地球の行く末も末期です。
 
宇宙船から良く見る地球上の人の流れは、人間が蟻を見るそれと、
大差が無い事は、見ていて理解できている筈なのでしょうが、・・・
 
子を産み、育て、教育し、次世代につなぐと言う思想だけは万国共通
な道理だと思えて仕方が有りません、だとしたら今の紛争は正直に
蟻と蟻の下らない争いを、人間が真上からじ~っと観察したとしたら・・
 
何を馬鹿な事をやっているのだろうか・・・そんな風に思えませんか?
人間も宇宙規模で考えると、蟻と同じ・・・ただ、人間よりも大きな知的
生物がこの世の中に・・・存在していない・・・それだけです。

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら