yosshi44気ままなブログ 
yosshi44気ままなブログ 忍者ブログ yosshi44気ままなブログ

yosshi44気ままなブログ

yosshi44の日々の暮らしにまつわる出来事をお届けします。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[10/25 Paseapora]
[10/25 Paseapora]

06.20.16:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/20/16:42

12.29.03:45

靖国参拝、安倍総理大臣、小泉元首相以来ですね。

靖国参拝、安倍総理大臣、小泉元首相以来ですね。
 
しかし何故、中国や韓国が国を挙げてそこまで行動を起こし、
新聞記事に掲載を行い、抗議活動や反対をするのか、
 
両国の新聞には安倍総理がブラックリストとか何とか、そして
アメリカの政府側までもが失望しただと・・・?
 
中国が安倍総理をブラックリストに掲載と言う趣旨は日露、日清
戦争を機に理解が出来ない訳では有りませんが、よ~く考えて
 
下さい、今や世界中の国々からは中国人民に対する旅行感覚や、
非常識的な言動、買い物のやり方やゴミの始末まで、他人の国の
 
土地や水利権、PM2.5、今度は空の問題まで、政府レベルでマナー
が最悪な事は世界中のほとんどの国が、ブラック視している現実は
 
国家レベルで取り沙汰されている事は明白で、今更のように、靖国を
表に出して揶揄するお国柄自体が正直に言うと、人的レベルの劣悪化
が問題だと個人的にもそう思います。
 
日本国が大東亜戦争、いわゆる太平洋戦争ですが、真珠湾攻撃を
行い、アメリカのハワイの基地をぶっ潰した事を機にアメリカも
 
大義名分を掲げて日本に原爆を投下、日本は孤立した中で、あえて
世界のリーダーと真剣勝負をやった訳ですが、マレーシアのコルトバ
 
上陸作戦が先で福岡の久留米市師団がイギリス軍を壊滅させて、
その後に真珠湾、それは世界的に戦争と言うくくりで考えてみると
日本が敗戦をしたから悪者になっている事は歴史の問題であり、
 
全て戦後処理で解決がされ、・・・だから日本は韓国や中国に高い
戦後の賠償金を支払い、それで完結させた筈の文書がきちんと
日本の政府側にも残されている。
 
終わった処理を今更のように、従軍慰安婦や戦後賠償の事を何時
までもまた何時までも、ず~っと言い続ける事が本当に世界的な
視野で捉えているものなのか、・・・お国柄?・・・いや、国民性を
疑うばかりです。
 
靖国神社には確かに戦犯が祭られているのは事実ですが、だから
反対をする言い分は、正直に敗戦し無条件降伏をした日本の罪だけ
 
を主張し続けるそれは世界の戦争の中で、日本が日本の政府の考え
で行い、他国もそのお国の考えでお互いに罪を作った馬鹿げた戦争
ですよね・・・
 
ただ、尊い命を犠牲にして国の為に、また自身が犠牲になって日本
に住む身内や家族や周りの人々が平和に生きていける・・・
そう信じ込んで、自分自身の命と引き換えにして、日本に命を捧げた
 
そんな、戦争に人生を掛けた方々への思いと、今後の世界平和を
祈る気持ちと反省心を代行して、祈った筈です。
 
そんな日本人らしい心を、安倍総理大臣は国民を代表した意味を
含めて、行った行為だと思うのです。
 
戦争末期には、帰国さえ出来ずに、食べる物も無く現地に潜み
亡くなった方々も、そして帰りの燃料も無く散った特攻隊の英霊に、
 
yosshi自身の叔父達も散った人生を考えても、同じ日本の国民
としてご先祖様にお祈りをする事が、悪い事だと言う、そんな他国
のリーダー自身の心が理解出来ないのです。
 
敗戦と言う立場上、戦犯と言う言い方をされる方々も、戦争には反対
で攻撃を受けて亡くなった方々でも、同じ命で同じ尊い国民です。
 
人の事を心から思い、尊敬をし、亡くなった自国の方々や過ちだった
筈の他国の方々の尊い命に、哀悼の意を祈る事が悪い事なので
しょうか?
 
逆に、そんな事を揶揄する他国のエリートの考えが、yosshiには
理解出来ません。
 
世界が平和で、二度と同じ過ちを犯さない為にも、過去の過ちと共に
誤った戦争を二度と犯してはなら無いと言う、誠実な精神が安倍総理
 
大臣には備わっていて靖国参拝を行う事は、人として間違いが無い
行動だと、yosshi自身は思いますし、これからも、そして世界の方々に
 
対する反省の意味を込めて、靖国の参拝をお国を代表する現役の
総理大臣が行う事は、大賛成な事だと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら